2018年03月10日

供物

20180310-15.jpg
20180310-14.jpg
粢(しとぎ) 、水で柔らげた生米(なまごめ)を搗(つ)いて粉状にし、水でこねて団子のようにした食物
北東北地方では、年中行事において神の去来を示すときに神供として用いることが多い

月待宴に出された食
20180310-12.jpg
糠漬けイワシのぶつ切り 今年の寒波で打ち上げられた
各地で寒波の際、魚が低海温で起きる現象

20180310-13.jpg
鯡の刺身 新鮮な物でないと寄生虫がある場合、肝から身に入る可能性がある
春告魚とも言われる魚なので、これからが旬(鮮度の関係、都会では珍しい刺身)

この他、トゲクリガニ(別名 花見ガニ、桜ガニ)、自家製の香物、などなど
ろうそくの蝋が垂れてその形が 下弦の月
posted by haru at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182642821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック